FC2ブログ
ミニチュアダックスフンド くるみの日々の出来事やくるみのママ(くるみっくるのママ)のブログです
page top
すっぽりはまってます
DSC01991_H230830.jpg



 現在のくるみっくるです。膝の間にすっぽりはまってます。暑いですけど、体重がかからないだけましです。本当に甘えん坊です。

 上からみると・・・





DSC01993_H230830.jpg







 昨夜、夜10時半頃だったでしょうか。外の温度を確認しようと窓を開けて、またすぐに閉めました。振り返ってみると




DSC01986_H230830.jpg
「おでかけするんですよね・・・」




 期待の目でじっとこちらを見ています。ドライブする前に戸締りしているのを覚え、お出かけ前の戸締りと勘違いしたくるみっくるは、もはや胴輪をつけずともドライブキャリーにのるようになってしまったようです。そんな熱い視線で見られると、用もないのに出かけなくちゃいけない気分になるじゃないの・・・







DSC01955_H230830.jpg
お散歩道で見つけました。
スポンサーサイト
page top
暑いってば・・・
 今月いっぱいはまだまだ30度を超える気温が続く予感ですが、朝晩の散歩は少しずつ楽になりつつあります。

 家の中ではなるべく涼しい格好でいるようにしているのですが、そんな時でもくるみっくるはお構いなしに↓





DSC01911_H230826.jpg
「どきませんよ~」





 女性なのに胡坐かくか?という突っ込みを恐れつつ、胡坐の上にまで乗ってくる甘えん坊のくるみっくる。私にあせもができたらどうしてくれるのよ・・・






DSC01951_H230826.jpg
「聞こえないふりしておこ~っと」




 ちょっと不細工な、いえいえかなり不細工な顔だわね。
page top
あの~、お散歩なんですけど・・・
 すっかりドライブ好きのくるみっくるのエピソードです。
 ドライブキャリーはリビングにおいてあるのですが、くるみっくるが自力で入る時には高さが高すぎて勢いをつけてハードルを飛び越えるようにしているので、腰に負担がかかります。そこで、普段はわざと荷物を入れて、くるみっくるが中に入らないようにしています。

 午前中、お散歩に行こうと「お散歩いくよ~」と声をかけ、くるみっくるにリードをつけて私がお散歩鞄の中身を確認していたところ・・・





DSC01961_H230824.jpg
「お出かけするんですね~」





DSC01966_H230824.jpg
「よっこらしょっと」





DSC01968_H230824.jpg
「準備オッケーですけど~、待ってますけど~、それにしても、この荷物のせいで狭いんですけど~」



 ただの散歩だよ、ドライブじゃないんだってば・・・
page top
ハウスに入ると・・・
DSC01851_H230821.jpg
「ここに入ればおいしいものがもらえるはずです・・・」


 前にも話をしましたが、我が家にはキャリーが3つあります。一つはゲージの中に寝床として使っているもの、一つはドライブ用、もう一つがリビングに置いてあるもので外出時に使用するためのものです。まだ外出で使っていないのですが、慣らすためにもリビングに置き、「ハウス」と指示を出しハウスに入った時に、ご褒美にドッグフードを一粒あげていました。

 くるみっくるにとっては、そのことが当たり前になっているのですが、彼は私より多く「ハウス」の指示を出しています。

 彼が外出先から帰ってきてドアが開く音がすると、以前は玄関に通じるドアの前でクークー鳴きながらお出迎えをし、尻尾フリフリ擦り寄っていたくるみっくる。が、ここ最近になって、ドアの音が聞こえて彼の顔を見るや否やキャリーに入り彼を見つめるようになりました。お出迎えするよりキャリーに入るって、ご主人様としてどうよ?と彼に聞くに聞けない私です。




DSC01860_H230821.jpg
「今日も一粒もらいました。また後でもらうです。」
page top
久しぶりの“芯”
 先日彼が買った商品を組み立てようと、ダンボールをあけて商品を取り出した時に、トイレットペーパーの芯の形に似た筒状の紙が入っていました。

 その昔、くるみっくるがチビだった時にとてもお気に入りだった遊びの一つは、トイレットペーパーの芯を細かく食いちぎることでした。最初のうちは、かわいらしく遊んでいたのでトイレットペーパーの芯が出てくる度に与えていましたが、そのうち食いちぎった紙を飲み込むようになったため、この遊びは封印していました。





DSC01931_H230816.jpg
「こんな遊びを昔々に、したような・・・」


 久々にトイレットペーパーの芯もどきを手に入れたくるみっくるは、私に隠れて食いちぎり始めました。私から離れてやけにおとなしくしているなーと思ってくるみっくるを見ると大事そうに両手で押さえて食いちぎっていたのです。私と目があうと、その芯をくわえて、私から遠い所に移動したくるみっくる。そんなもん、わたしゃ興味ないよ・・・。



DSC01932_H230816.jpg

 

 そしておびただしい数のゴミを生成し、その後始末をさせられたくるみっくるママでした。



DSC01868_H230816.jpg
「また芯くださいな」
page top
やっぱり黒柴
DSC01881_H230814.jpg
「今日も朝からネムネムで~す」


 先日近所にお出かけの途中、お隣のワンコを目撃しました。黒柴ワンコでした。10月で1歳とのことですが、とても凛々しいお姿でした。柴は凛々しい子が多いと感じます。この時、くるみっくるは残念ながら居なかったので、ご挨拶できずに残念。
page top
散歩中に・・・
DSC01745_H230811.jpg


 この暑さで最近は朝の6時過ぎに散歩にでかけています。いつもの散歩道、少し駆け足気味にくるみっくるが歩いていました。

 突然、「キャイーン」というとてつもなく大きな声で悲痛な叫びを上げたかと思ったら、右後ろ足を縮めて3本脚でしか地面に着地していません。えっ、、、と思い「どうした?」と抱っこしても右後ろ足は縮めたままです。

 くるみっくるが歩いた道にガラスの破片でも落ちていたのかも・・・と思い、地面をよくよく観察してみると、アスファルトの上に緑色のトゲトゲの毛虫が落ちていました。とりあえずデジカメでその毛虫を撮影し、くるみっくるを抱きかかえ、急いで家に帰りました。

 家での様子を観察すると、しきりに痛めた足の裏を舐めます。やっぱり、違和感があるんだ。

 パソコンでさっき撮影した毛虫が何なのか調べました。それに近いものが見つかったのですが、どこにでもいる毛虫で毒性があると書かれています。しかも、さされるとかなりの激痛で、その痛みは忘れることがないとのこと、人がさされた場合には抗ヒスタミン剤を塗っておくそうです。

 人だってそれほどまでに痛いなら、くるみっくるも当然痛かったね。動物病院が開くのを待って、電話で緊急的に受診しなきゃいけないか聞いたところ、連れてくるようにとのことでした。

 診察の結果、アレルギー反応や発熱がないので、とりあえずは大丈夫だとのことですが、一応注射と抗生物質を1週間飲ませるようにということでした。注射でも痛い思いをしたくるみっくる。今日は災難続きだったね。




DSC01848_H230811.jpg
「今日は痛い一日だったです」
page top
お気に入りのバスタオルの上で
DSC01854_H230808.jpg
「しめしめ、ママさんがいない・・・」


 私の膝掛け代わりの大判バスタオルは、すっかりくるみっくるの私物化しています。しかし、私も負けじとくるみっくるから奪って膝にかけることにしています。

 それにしても、細長く置かれたバスタオルの上に奇麗に横たわっていること。


DSC01858_H230808.jpg
「誰にも渡さないです。」

 私の意識が他に向くとすぐこれです。このバスタオル、くるみっくる臭いし・・・
page top
朝からキャリー
DSC01878_H230806.jpg
「朝からウダウダしてま~す」


 ペーパードライバーであり、運転についてはかなりの苦手意識のある私が一昨日、数年ぶりに一般道から高速道路を運転するという非常に危険極まりない行為をたった一人で行う機会がありました。

 車を点検に出さなければいけなかったのですが、その点検のお店にいくためには一般道路を使って行けなくはないのですが、高速乗ればすぐということで、初めてのETCゲート通過とともに体験しました。

 いやはや、私が教習所に通っていた頃は高速教習があったのですが、ETCはなかった時代。ETCのおかげで、私のつたない運転がどれだけ助けられたことか・・・

 そして本日は彼の「疲れた、車で出勤したいけど今日はダメなんだった」という呟きを聞いたので、くるみっくるも連れて2回目の高速運転にチャレンジ。くるみっくるは初の高速です。



DSC01656_H230806.jpg
「出かける準備オッケーですよ~」

 くるみっくるにドライブキャリーを指差すと、初めて自分から中にピョンと飛び乗ってきました。お留守番しないで、一緒に連れて行ってもらえることがインプットされたようです。

 しかしながら、一度も運転したことのない道は基本的にビビリの私、会社までは彼の運転。くるみっくるは助手席へ、私は後部座席へ。運転の間中、彼と私を見つめ、「シューシュー」と甘え鳴き。わかったから・・・、そばにいるじゃん。

 会社について運転交代。帰り道、高速をおりてふと横をみると、キャリーの中でリラックスして伏せをするくるみっくるの姿がありました(運転中で撮影できず残念)。最初から最後まで、リラックスしてキャリーで移動出来る日が早くくるといいね。





DSC01755_H230806.jpg
お散歩道で見つけたお花です。
page top
お隣さん
DSC01815_H230804.jpg


 先月末辺りから、お隣さんのおうちから犬の鳴き声が聞こえるようになりました。2~3日は終日鳴いていたようですが、その後はいるのかいないのかわからなくなるくらい鳴き声が減りました。

 「くろ」と呼ばれているので、黒いワンコに違いない。くるみっくるも黒ワンコなので、少し親近感が沸きます。しかしながらまだその姿を確認したことがなく、鳴き声の感じからすると小型の犬種ではなさそうなので“黒ラブ”かな、“黒柴”かなとちょっぴり気になっています。

 お散歩で出会える日を楽しみにしています。





DSC01801_H230804.jpg
「それより早くお腹掻いてくださ~い」


 ちなみに、お隣のワンコの鳴き声には興味を示さないくるみっくるです。








DSC01709_H230804.jpg
page top
コールドチキン事件
DSC01738_H230801.jpg
「今日も元気にお昼寝です。ネムネム・・・」







DSC00099_H230801.jpg


 8月1日となりました。今日もちーちゃんの思い出話をひとつ。

 ちーちゃんが我が家にきて1週間程経った頃でしょうか。朝起きると、両親が「ちーちゃんがいない」と騒いでいました。父は会社に行く時間で、出かけてしまいました。ちーちゃんがいないと気づいた時には、まだ誰も外には出かけていなかったので、外に逃げたとは考えにくかったのですが、どこを探してもいません。

 名前を呼んでも返事もなし。家中探しても気配がありませんでした。でも、どう考えても家の中にいるはずなんです。さて、皆様、どこで見つかったでしょうか・・・・





 探しても探しても、いくら名前を呼んでも返事がなく、半ば諦め、私は牛乳でも飲もうと冷蔵庫を開けました。開けた瞬間、私めがけて飛んでくる物体。そう、ちーちゃんでした。冷蔵庫は密閉されていたため、呼んでも聞こえなかったのか、真っ暗闇で返事ができなかったのか、返事をしても我々に聞こえなかったのか・・・ちーちゃんはとても冷たく冷えていました。

 両手でちーちゃんを必死に温めている間中、動きません。呼吸しているのだけはわかりました。大丈夫かな・・・温めること数分、「ぴっ」と鳴きました。おお!!!!!!動いた。体が温まり、その後は変わりなく事なきを得ました。あー、びっくり。全く、犯人は誰だ!!!ちーちゃん、ごめんね。




DSC01746_H230801.jpg
© ミニチュアダックス 甘えん坊犬 くるみのお昼寝. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG