FC2ブログ
ミニチュアダックスフンド くるみの日々の出来事やくるみのママ(くるみっくるのママ)のブログです
page top
くるみ巻き

DSC02302_H231027.jpg
「遊ばれてるです」


 彼がくるみっくるにマチコ巻きをしていたのでパチリ。彼が飼っていたワンコは、これをすると嫌がって一心不乱に取ろうとしたらしいのですが、くるみっくるはされるがままでした。

 うーーん、マチコ巻きなんて上品な言い方が似合わない・・・ゴルフ場のキャディーさんとか、お掃除のお仕事の方とか・・・
 



DSC02301_H231027.jpg


 一歩間違えるとどじょうすくいっぽいなぁ・・・それにしても、顔ながっ!!!





スポンサーサイト



page top
ちゃっかりな甘えん坊
DSC02285_H231025.jpg
「今日のママさんは斜め座りしてるです」




DSC02284_H231025.jpg
「それでも乗っかって寝ますよ・・・」




 あいかわらずの甘えっぷりです。わざと斜め座りしてるのに・・・


 本日のお散歩では、お友達ワンコに出くわしました。ビーグル2匹と飼い主さん(男性)です。

 基本的にくるみっくるは人が大好きなのですが主に女性と子供に寄っていき、男性にはそれほど興味をしめしません。しかし、時として異常なまでに擦り寄っていく男性もいたりして、何が基準なのやらわからないのです。どうみてもものすごく犬好きの男性に「おいでおいで」と言われても、興味を示さないケースが多々ありまして、そういう方を素通りしようとする姿を見ると、私は「おいおい、あんなに良さげな方なのに何が気に入らないんだい!!!」と叫びたくなります。

 前置きが長くなりましたが、初対面の時ビーグルの飼い主さんはくるみっくるのツボにははまらなかった飼い主さんでした。しかし、その方は散歩の時におやつを携帯しており、他のワンコの飼い主の許可を得て与えても良いワンコにはコミュニケーションの一つとしておやつをくださる飼い主さんです。

 1週間ほど前に、とても久しぶりにビーグルの飼い主さんに出くわした時、くるみっくるは特に近寄ることもなく、通り過ぎようとしていました。そこで「随分久しぶりだね、おやつ食べるかい」と言って、くるみっくるにおやつを取り出すや否や態度がいっぺん、大興奮。お座りの声も聞こえず一心不乱におやつに向かうくるみっくる。おいおい、さっきは見向きもしなかったくせに・・・

 そして本日再びばったり出くわした時には、“おやつのおじさん”を覚えていたらしく駆け足で近寄りました。そして伏せをしていい子ちゃんになっておやつを頂いたのでした。

 なんてちゃっかりなワンコなの・・・
page top
キッチンにて
 毎夕のことですが私が夕飯の支度をするためキッチンに立ち、冷蔵庫から野菜を取り出してまな板で切る音が聞こえてくると、それまで座椅子に団子虫になって寝ているくるみっくるが私の足元にやってきます。


DSC02245_H231020.jpg
「何も落ちてこないです」


 野菜がまな板から落ちるのをじっと待っています。そうそう落としませんよ。

 万一落とした時は、落とした瞬間に「待て!!!」と言うと、最近はなんとか待てるようになりました。が、私の反射神経次第ってことで・・・理想は落としたものを口にしないことなんですけどね。



DSC02246_H231020.jpg
「ヘルシーお野菜、欲しいです」



 仕方がないな~ということで、だいたいはキャベツの芯をほんの少しだけ食べさせます。

 

page top
今日も爪切りへ
 今日は爪きりのため、動物病院へ行ってきました。待合室は猫ちゃんを連れた飼い主さんであふれており、犬好きそうな方が見当たらない・・・くるみっくるの期待は大外れで残念!!!

 待合室のソファーに座ったものの、両隣には猫ちゃんが入ったキャリーを抱える飼い主さん。くるみっくるは普段の散歩時にも猫ちゃんを見つけると近寄りたくて仕方ないのですが、犬好きの猫ちゃんなどいるはずもなく、ましてや動物病院の待合室にいるのは具合の良くない猫ちゃんなわけで。

 きっとくるみっくるは猫ちゃんにとってストレスと思い、その場を離れました。

 診察の結果、外耳炎はもう完治したようです。来月にはワクチン注射に来てくださいと言われましたので、来月は痛い思いをしに病院へ行かなければなりません。




DSC02257_H231018.jpg
「それでは、来月は病院へは行かなくていいです・・・」



 いえいえ、お連れします。
page top
ちびちゃん
 お散歩でかわいい仔犬に出会いました。7ヶ月のプードルの仔犬です。くるみっくると対面するとプードルの仔犬は怖くてワンワンと吠えていましたので、飼い主さんに抱っこしてもらって再度対面させると、吠えなくなりました。そうして慣らしてから地面に降ろすと、今度はくるみっくるに恐る恐るじゃれ始めました。なんてかわいいこと!!!

 でも、くるみっくるはいつの間にか大人になり、あまりじゃれつきの相手はしていなかった。その仔犬に癒されたお散歩でした。







DSC02183_H231017.jpg
「じゃれつかなくても、甘えっぷりは仔犬以上ですよ~」




 全くそのとおり!
page top
冬の早朝の居場所
 くるみっくるの起床時間は前にも書きましたが、早く寝ると朝4時に、夜更かしすると5時半に起きます。クレートの中でクウクウ鳴き始めるので、仕方なくクレートから出してリビングに一緒に移動します。

 しかし、私は二度寝体勢を整えます。座椅子をフラットに倒してそこで横になります。




DSC02187_H231010.jpg



 フリースの茶色いひざ掛けをかけて寝ている写真ですが、このひざ掛けの下がどうなっているかというと・・・






DSC02186_H231010.jpg



 ひざ掛けを鼻先でめくりながら、ひざ掛けの下にもぐりこみ、私の体のカーブに合わせてくるみっくるもカーブしながらピッタリ寄り添って二度寝します。

 だったら、起こさないでもう数時間クレートで寝てて欲しいんですけど・・・




DSC02191_H231010.jpg
「そう言われましても、甘えん坊なので・・・」

page top
外が気になる~
  昨日は家の補修のため、午前中から3人の職人さんが家を訪れました。外回りの補修の方が早速作業を始めると・・・



DSC02212_H231008.jpg
「そこの人~、くるみなんですけど~、ちょっとこっちにきませんか~」



 外が気になって仕方ないくるみっくるです。目の前を職人さんが通ると尻尾フリフリで、構って欲しいオーラ全開です。しかし、その方々はお仕事のためにきていますし、網戸一枚挟んだ向こう側に居るので構ってくれるはずもなく・・・




DSC02222_H231008.jpg
「構ってもらえなくてがっかりです」


 

 お仕事で来ているんだから仕方がないのよ~、と言ってもわかるはずもなく。

 でも、夕方のお散歩で、通りすがりの犬好きらしき女性が頭を撫でてくれたから良かったよね。
page top
散歩の替わりに
 今日は一日雨の予報。くるみっくるは雨の日はお散歩には行きません。トイレはおうちでするので、全く問題ありません。

 そんなこともあり、今日は彼を会社まで車で送りがてら、気分転換になるくるみっくるの久しぶりのドライブです。

 胴輪をつけて、キャリーの中の荷物をどかそうとした時に、キャリーに飛び込もうとするので「待て」と指示を出すと待つことができました。だんだん、ドライブに慣れてきて興奮度もダウンしてきたようです。


DSC01891_H231005.jpg
「どこまで行くですか?ドッグランへ付き合ってあげってもいいですよ」


 さて、いつも迷っていたのが、くるみっくるを乗せる座席です。私は運転席、その後部座席に彼が乗るのですが、私の隣がいいのか彼の隣がいいのか・・・。後部座席にすると、彼が降りた後、後部座席に一人ぼっちなるのと、彼が姿を消してしまう事でクークーないてうるさいこともしばしば。でも、助手席に乗せるとクーラーの風と、直射日光がくるみっくるを襲うので、鼻水たらすは体は熱くなるわで大変でした。

 でも、これからの季節は、直射日光も弱まり、冷房をつけることもなくなります。ですので、今日は助手席にのせました。とてもおとなしく、リラックスして乗っていたので、私も運転に集中できました。



 そしてお家に帰ってきた後は・・・


DSC02163_H231005.jpg
「ま、まぶたが重くなってきたです」



 私はくるみっくるが重いってば・・・

page top
ちーちゃんのお出迎え
DSC02172_H231001.jpg



 昨夜のくるみっくるは、やたらと彼に甘えていました。お腹、耳、頭、背中と次々と体を掻いてもらって、ご満悦でした。







DSC00066_H231001.jpg

 本日もちーちゃんのお話を書きたいと思います。
 
 ワンコがお出迎えをするというのは知能が高いのでうなずけますが、じつはインコであるちーちゃんもちゃんとお出迎えをすることができました。これには私もびっくりでした。

 誰かが外出先から帰ってきて、ドアを開く時の音が「ガチャッ」と聞こえた時に、たまたま部屋に放し飼いとなっていると、決まって玄関に通じるドアの横の家具の上に飛んでいきます。そしてその家具の上に止まります。

 少しして家族の誰かが入ってくると、その人へ向かって飛んで行き、肩に止まるのです。それをするのは、家族だけです。たまたまお客様で知らない人だと飛んで行かずに、家具の上に留まります。あんなに小さい脳なのに、家族と家族以外を認識できるのです。すごいなぁと感心しました。

 ちなみに、私の父親は、ちーちゃんとのスキンシップを普段はとっていなかったのですが、外出先から帰ってきたのが父親だと、肩に止まるのは10回のうち、1,2回でした。ちゃんと構ってくれる人と、構ってくれない人の区別もできていたのです。私たち家族にとっては本当に賢くて、かわいいインコでした。






© ミニチュアダックス 甘えん坊犬 くるみのお昼寝. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG