FC2ブログ
ミニチュアダックスフンド くるみの日々の出来事やくるみのママ(くるみっくるのママ)のブログです
page top
雪の日も甘ったれ
 今日は朝から雪です。とても寒い。従って今日はお散歩はなし。でも私は食材買いに行かねば・・・



DSC02620_H240229.jpg
「今日も甘ったれで~す」

 これは昨夜のくるみっくる。彼の膝の上に食後から寝るまでの約3時間滞在。




 そして現在のくるみっくる


DSC02653_H240229.jpg


 もちろん私の膝の上に陣取っています。彼が仕事にでかけてからずっと私にくっついています。

 「くるみ」と何度か呼びかけて、やっと私を見上げました。



DSC02655_H240129.jpg
「おいしい物でも、くれるんですか~」



 そんなものあげませんよ。



DSC02651_H240229.jpg
「じゃぁ、お腹掻いてくださ~い」


 甘ったれ!!!!

スポンサーサイト



page top
気になるカフェ
 くるみっくるの散歩コースは主に4コース。その中にとても気になるカフェがあります。歩道より少し小高い土地に立っているカフェなので、気になるカフェの存在に気がついたのは昨年の秋くらいでした。

 何がそんなに気になるのかというと、そのカフェでは私の心と目を釘付けにする生き物が飼われているのです。


DSC02521_H240222.jpg
「散歩。散歩」



 私が気になる生き物、そう、鳥類。その店の庭先?デッキ?スペースに物干し竿のように、木の止まり木のようなものが設置されています。その長さは3メートル弱くらいでしょうか。天気の良い日には、そこに横一列にみみずくやふくろうや鷹の仲間のような鳥が5羽並ぶのです。時折、身体を動かすのですが、最初は置物かと思うくらい身動きせず、じっとしていたのでした。

 お店の窓際の席に座れば窓越しにその子達の観察ができます。彼を誘って行きたい所ですが、きっと彼はこれっぽっちも興味なし、だと思いますし、歩くと徒歩15分くらいかかるので、なかなか一人でそこまで行く機会がありません。



DSC02571_H240222.jpg
「くるみが付き合ってあげてもいいですよ」


 くるみっくると行くと食べ物くれくれ攻撃にあうから、それは遠慮しておきます。

page top
サプライズプレゼント
 昨日はサプライズプレゼントを頂きました。思いがけないプレゼントで、世界にひとつのオリジナルプレゼントを“ゆゆさん”から頂きました。

 どうもありがとうございます。とても感謝です。

 皆様にもお披露目です。



DSC_0412_H240218.jpg
「王冠が気に入ったです」






DSC_0403_H240218.jpg

ボタンインコのちーちゃんです。お花のデザインがちーちゃんにピッタリです。

page top
パクッとな
 くるみっくるはキャベツ大好きワンコで、どんなに眠っているように見えてもキャベツを一枚一枚はがす音を覚えていて、必ずおこぼれを狙って近づいてきます。それくらいキャベツ命のワンコなのですが・・・


 ある日の散歩中にびっくりする出来事がありました。



DSC02525_H240217.jpg
「お散歩連れてってくださ~い」




 いつも散歩中は匂い嗅ぎまくりのくるみっくる。寒いのに立ち止まってばかりで私は身体が温まりません。少しでも早く歩きたく、また、拾い食いもするので監視しながら歩いているとくるみっくるが“パックッ”とある葉っぱに食らいつきました。

 その葉っぱは個人宅で育てられているもので、プランターが道路わきに置いてあったのですが、葉牡丹ってわかりますか?キャベツの仲間の植物なのですが、何の躊躇もなくパックッとしたので驚いてしまいました。幸い、食いちぎることもなく(歯形はついたかもしれませんが)、食べることは無かったのですが、私の中では“そこまでするか~”な出来事。さらに散歩中の注意事項が増えた瞬間でした。葉牡丹の持ち主さん、すみません。




DSC02541_H240217.jpg
「今日はキャベツを食べ損ねたので、キャベツの夢でも見るです」
page top
ドッグランへ
 昨日は数ヶ月ぶりにくるみっくるをドッグランへ連れて行きました。

 お天気は良かったのですが気温が低く、体感温度はむちゃくちゃ寒い。そのドッグランはホームセンターがお客様へのサービスでやっているので無料です。登録だけすればいいのですが、屋根で覆われているため日陰となります。


DSC02573_H240213.jpg
「スタンバイオッケーなんですけど~、あと何分かかりますか~」



 彼が出かける準備で歯磨きをしている間、勝手にキャリーに入り込み、おとなしく待つくるみっくる。出かけるまではもう少し時間かかるんだよ。でも、その間中ずっとキャリーに収まっていました。


 ドッグランに着いたのは11時。貸切状態でした。くるみっくるにとっては気が強いから合わないワンコがいるよりは貸切状態のほうがありがたいかもな。

 ドッグランの両端に彼と私がそれぞれ立ち、おもちゃを投げあうとそのおもちゃを追いかけて全速力のくるみっくる。とっても嬉しそう。いつも散歩中に私は少し走るけど、私の全速力はくるみっくるの全速力よりはるかに遅いもんね。

 でも体力のないくるみっくるは、数回行き来しただけでばて気味。今度は地面の匂い嗅ぎに夢中。その後、おっかけっこをして遊びましたが、10分位でドックラン終了。他に遊ぶワンコがおらず、あまりの寒さのために退散したのでした。でも、楽しかったね。



DSC02556_H240213.jpg
「久しぶりのかけっこで疲れたので寝るです」



 いつも寝てるじゃん。

page top
黒猫ちゃん
 右耳の外耳炎の治療のため、再診に行ってきました。待合室には超おチビなチワワちゃん。くるみっくるの足の太さの半分の細い足。折れちゃいそうだわ。

 そして、後から入ってきたキャリーバックを抱えたカップルが近くに座りました。にゃーにゃー聞こえるから猫です。飼い主さんがキャリーから取り出したのは真っ黒な猫ちゃん。飼い主さんの膝の上にのったところ、くるみっくるがリードを引っ張って猫ちゃんのほうへ近寄ろうと必死。やめろってば。



DSC_0385_H240209.jpg
「ちょっとちょっと、リードを緩めて欲しいんですけど~」




 その黒猫ちゃんはどうやら臆病らしく、飼い主さんの上着のファスナーがお腹あたりまで開いていたのですが、そのファスナーのあいている衣服の部分にすっぽりお顔を隠しています。か、かわいい。時折こわごわ、顔を出してこちらを確認するのですが、その姿がまたかわいいこと。

 その横で必死こいて、猫ちゃんに近づこうとするくるみっくる。やめさないって、猫ちゃんがびびってるんだから追い討ちかけるんじゃないよ。
page top
くるみっくるの匂い
 動物を飼うと必ずその子の匂いというものが部屋を支配すると思います。少なくともかつて私が訪れた動物を飼う家にはそれぞれの匂いを感じました。

 ということは、くるみっくるが暮らすこの家にも独特の匂いがするはず。シャンプーをした日はシャンプーの匂いですが、そんなのは数日しか持ちません。


DSC02479_H240205.jpg
「くるみは無臭ですけど~」 ← そんなわけないじゃん


 ペット用の部屋の芳香剤を置いているのですが、それはないよりもいいかなと思って置いています。

 ところで土曜日の夕方、くるみっくると散歩から帰ってきてしばらくすると、何だかとてもフルーティーな甘い香りに気がつきました。ふと、くるみっくるをみると後ろ足をガジガジ噛んでいて、糸を引いていました。

 何何??何が起こったんだ・・・と思ったら、どうやら散歩中にガムを踏んでしまった模様。肉球と肉球の間の毛にこびりついて、どんなにがんばっても取れないのです。鋏で切り取りたくても毛が短いし怖くてできません。足が気になって気になってずっと噛み続けるくるみっくる。気持ち悪くて違和感があるに違いありません。




DSC_0358_H240205.jpg
「誰か足のネバネバ取ってください~」



 いまだにフルーティーな香りをまとっています。ガムの香料の強烈なこと。早く毛が伸びてくれ~。

page top
踊るボタンインコ
 



DSC02493_H240201.jpg
「見返り美人?」 ← いえいえ、見返り甘ったれワンコです


 毎日寒いですね。お散歩に行くのも億劫になってしまいますが、リードをつけて玄関に小走りするくるみっくるを見ると“行かねば”と思う今日この頃です。





 さてさて、ボタンインコのちーちゃんは、まだ我が家に来たばかりの頃は、よくダンスをしていました。求愛ダンスと呼ぶべきものでしょうか。



DSC00551_H240201.jpg



 ただ何の気なしに踊るのではありません。私たち家族がテーブルをリズムを刻んで叩いている間、その音に反応して足踏みと首振りをする=ダンスするのです。

 この姿が愛らしく、姉と父と私はよくテーブルを叩いたものでした。でも、歳を取ってからは全くダンスをしなくなってしまいました。
© ミニチュアダックス 甘えん坊犬 くるみのお昼寝. all rights reserved.
Page top
FC2 BLOG